11
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

5/27 定期更新『宮下式歌ってみた動画ミックス法④~イコライザー編』

ども、忙しすぎて調子悪くなって2週ほど定期更新サボった宮下です!
どうせ誰も見てないから問題ないよね!


さて、4回目は割といい加減なイコライザー講座です。
これらのミックスについてよく「どの順番でやったらいいのでしょうか?」と聞かれるのですが、結論から言えば「どっからでもいいです」。結局、正解なんてものは存在しないので、やりやすいようにやったらいいと思います。
宮下の場合は大体
イコライザー→音圧を調整→リバーブ→パン調整、という流れです。
まずはイコライザー。
イコライザーの役割を簡単に説明すると、「特定の周波数を調整することによって、音をクリアにしたり太くしたりする」ことです。
たとえば、女性ボーカルがもっさり聞こえるのであれば、もっさりの原因になる低音域をカットして高音域を強調することによってクリアで伸びやかなボーカルになります。
逆に男性ボーカルが弱弱しく聞こえる時は、高音域をカットして低音域を強調することによって太くパワフルなボーカルになります。

MM3では、イコライザーを調整したいトラックを右クリック→オブジェクトエフェクト・ラックで開くことができます。
12.jpg

16.jpg
↑クリックするとこれが出てきます。
この一番上のラックがイコライザーです。

今回のミックスではこのような設定にしました。
①メインボーカル
13.jpg
6K~13Kあたりをブースト(上げる)しました。
今回はそんなにもっさりしていなかったので低音域はカットしてません。

②コーラス
14.jpg
メインボーカルとは逆に6K~13Kあたりをカットしました。
こうすることによってメインボーカルとぶつかることなく、綺麗にハモれます。
(ここでメインボーカルと同じ周波数をブーストすると、もっさりした感じになってしまうので要注意です。

③ボイス
15.jpg
「同じ動きを繰り返す~」「もがいているの~」「追憶は雨の葬列~」のあたりのボイスはプリセットの『フォン』をそのまま使いました。初心者で「イコライザーがよく分からないよ!」って方は、プリセットをそのまま流用orそこからちょっといじるくらいが無難かもしれません。
「(小声で)タナトス」「衝動という名の~」の部分は、イコライザーは一切いじってません。


では、次回はざっくりとした音圧講座をお送りいたします~!
スポンサーサイト

プロフィール

宮下奏子

Author:宮下奏子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

こえ部に歌ってみたを投稿してます。良かったら聴いてください♪

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR