07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/31 定期更新『明日から8月!』

ども、先々週から先週にかけて高熱で苦しんだ宮下です!
インフルエンザや溶連菌等の病気以外で39度以上の熱を出したのは初めてだったので、とても驚いたのと同時に苦しみました。
おかげさまで7月下旬は予定が全て狂ってしまいましたとさ…(´・ω・`)


さて、本日YouTubeに歌ってみた動画を投稿しました!



お借りした動画→https://youtu.be/g5vLcgGbrig

おそらく大半の方がご存知でないと思いますので、元ネタについて少しご説明致します。
この楽曲の元ネタは『Friendship is Witchcraft』というシリーズ物の動画で、『My Little Pony:Friendship Is Magic』の映像を元に全く異なる物語を展開させる同人作品です(所謂、嘘吹き替え)。
なので、声を担当しているのは海外の(恐らく)素人さんですし、BGMやSEはほとんどオリジナルとなっています。
キャラクター設定もぶっ飛んでいて、
・主人公のトワイライトは腐女子で、よく同人誌を書いている模様
・本家では皆に愛されているベビードラゴンのスパイクくんは村中の嫌われ者
・ラリティは元軍人で、妹のスウィーティーベルはロボット(この世界でのロボットの存在は御法度)
・レインボーダッシュは本家でもそこまで頭が良いわけではなかったけど、こちらでは馬鹿さに磨きがかかっている
・フラタシャイはカルト集団のリーダー
・アップルジャックは将校
と、メインキャラクターだけでもこの有様(本家の設定はこちら→マイリトルポニーwikiへ

で、今回の歌を歌っているのはメインキャラクターの一人であるピンキーパイという、本家でも割とぶっ飛んだキャラなんですが(たとえばコレとか)、この作品内ではそれがレベルアップしています。
この歌とその他の全ての回の言動を繋げていくと
・街で火事が起こり、ピンキーパイの両親や住民たちが亡くなった
・孤児院に住むことになり、最初に行ったのが遺体の埋葬
・昔両親に歌ってもらった子守唄(Gypsy Bard)を、土の下に眠る両親に向けてピンキーパイが歌っていた
・孤児院か、もしくは養子になった先で何かしらの虐待を受けていた
となります。

重い…重すぎる…!!

ちなみにFriendship Is WitchcraftはYouTubeで見られますが、「アメリカ語よくわかんねぇよ!!」って方はニコニコに日本語字幕入りの動画があるのでそちらをご覧ください。

↓1話



↓7話(『Gypsy Bard』が流れる回)



余談なんですが、本家の方("トモダチは魔法"の方です)は現在アメリカでシーズン6が放送中なんですが、日本では何と未だにシーズン2までしか放送されていません。もちろん、動画配信サイトの方もシーズン2までです。
劇場版3作はNetFlicksさんの方で日本語吹き替え版が配信されていますが、円盤は2016年7月現在発売しておりません。
やはり日本ではあまり女児に受けなかったことが大打撃だったのでしょうか…。
吹き替えは諦めるにしても、せめて字幕版を配信してもらえないものか…。
トワイライトがアリコーンになる過程やプリンセスに選ばれた理由が気になってしかたないです(´・ω・`)
お願いだから流行ってくれー!!


…というわけで、気がついたらえらい長くなってしまいました!w
今回はここらで終わりにしたいと思います。
また次回~!
スポンサーサイト

7/18 定期更新『今週は休むウィーク』

ども、最近三連休の二日目が終わってしまい、仕事やだやだ鬱モード突入不可避の宮下です。
休みって何ですぐ過ぎ去ってしまうん?(´・ω・`)

実はこの休みを利用して、昔からのアニメの消化を行っていました。
新しいものから古いものまでたくさんあるのですが、今回は溜まっているアニメの中で一番古いであろう『クロノクルセイド』から攻めていくことにしました。
物語は、破天荒なシスター・ロゼット(CV:川上とも子)と、彼女と契約した心優しき悪魔・クロノ(CV:石田彰)を中心に展開されていきます。
もうね、CV:川上とも子な時点でかなりしんみりなのですが、この作品が10年以上前という事実に更にしんみりしました。
まあ、そんな状態で視聴がスタートしたわけですが、明るいノリですね。最初は。
現時点で12話まで視聴しているのですが、どうやらこの後から鬱展開…さらにはバッドエンドが待ち受けているそうで…(←誘惑に負けてネタバレ見ちゃたマン)
とはいえ、序盤から随所に鬱要素は散りばめられてはありますね。
ロゼットは寿命と引き換えにクロノの力を解放しているので30歳までは生きられないとか、孤児院育ちだとか、病気がちな弟・ヨシュアがアイオーン(敵)によって化け物(※正確にはクロノの尖角を埋め込まれて自我崩壊&強大な力を得る)になった挙句行方不明とか…。
先にネタバレ見てなかったら、もっと衝撃大きかったのかな。
原作は救いのある終わり方をしているらしいので、アニメ視聴後どうやっても鬱モードが抜け切らなかったら原作を買ってこようと思います。
とはいえ、最近『カイバ』や『吸血鬼美夕』を視聴したばかりだから大丈夫だとは思いますがw

では、また次回~。
(´-`).。oO(最近、本当ロクなこと書いてないな…そろそろ作品制作を進めねば…)

7/10 定期更新『死因:夏だから』

ども、いよいよ始まった夏の暑さに、早々やられた宮下です。
先週からすこぶる調子の悪さです。


本日は歌ってみた動画を投稿しました↓



お借りした動画→http://www.nicovideo.jp/watch/sm7950264

本当は先週あげるつもりだったのですが…全部夏のせい!
というわけで、また次回~!

プロフィール

宮下奏子

Author:宮下奏子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

こえ部に歌ってみたを投稿してます。良かったら聴いてください♪

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。