05
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
30
31
   

5/29 定期更新『お芝居について、宮下さんなりに真面目に考える』

ども、今日のレッスンからようやく本格的な内容になってきたので、ちょっとテンション上がってる宮下です!
あるお芝居の冒頭部分を練習としてやったのですが、いやーやはり演じるとは難しいものだなーと。
ただ、そこにやりがいを感じますし、自分一人でやってる時には気づかなかったことが色々と見えてきて楽しいです。
でも、お芝居の経験がない方はよく「お芝居なんてただ台詞と動きを覚えて舞台上でやるだけじゃん。声優に至っては台本見てるしw」って仰います。
それ、間違いです。

というのも、台詞というのは作品内のキャラクターが発する言葉なわけですが、まずそのキャラクターはどういう気持ちでその台詞を発しているかを考えなければいけません。
たまーに細かく書いてくれる脚本家さんもいらっしゃいますが、基本的には役者が自分なりに考えていかなければなりません。
で、そのキャラクターの思考を理解するためには、その人物がどのような人生を歩んできたのかを想像しなければいけないのです。
「きっとこういう環境で生まれ育って、こういう風に考えるようになったんだなー」と。
それを想像することによって、それぞれの台詞に込めるべき感情や喋り方、声などが自ずと決まってきます。
あとは、どんな空間にいて、誰に向かって、どれくらいの距離で話しているのか。
それによって声の発し方や大きさなどが変わってきます。
狭い空間で一対一で話している時は普段喋っているような感じですし、逆に広い空間で多くの人に話をする時は声を張らなければいけません。
で、他の役者さんたちとその空間を共有して、出来るだけ同じような声量・話し方をしないといけません。
(同人のゲームやボイスドラマでたまに会話がちぐはぐに感じることがある場合は、上記のことが共有できていないからかもしれません。同人作品は宅録である場合が多いので、当然といえば当然ですが)
そのため、声の依頼で”自分の台詞が書いてあるだけの脚本”を渡された場合は、他のキャラクターの台詞やト書きなどを出来るだけ詳細を聞くようにしています。
以前、声のお仕事で「いや、そこまでこだわってもらわなくていいです。テキトーにやってくれればいいんで」って言われたこともあるんですよ(※その作品は現在非公開となっているため、worksの一覧には載ってません)。
その時は仕方がないので、”台詞を言う”のではなく”台詞を読み”ました。
恐らくその方からしたら、「別にそれが分かっても分からなくてもそんなに差はないだろう」と思われたのでしょう。
たしかに同人声優はプロの方から比べたら、脚本から感情や思考を読み取るレベルは低いですし、それを表現するための技術も未熟です。
しかし、そのキャラクターや作品を出来るだけ良いものにしたいと考える気持ちは一緒なわけで。
そのキャラクターを誰よりも考え、誰よりも理解し、表現していきたいわけです。
まあ、そのへんをあまり分かってもらえてないよなーと思うことが多い今日この頃です。

あ、ちなみに歌のお仕事でも「好きなように歌ってもらってかまわないですよ」が一番大変だったりします…w


では、また次回~。
スポンサーサイト

5/22 定期更新『新作歌ってみた動画アップしました!』

ども、夏が日に日に近づいてきて、テンションがダウンし始めている宮下です。
暑いのは子供の頃から本当に苦手で、この時期が近づいてくると毎日が鬱々しております。
ああ、避暑地へ逃げたい…(・ε・`)


さて、本日は歌ってみた動画をアップしました↓

懐かしの鬱アニメ(?)のEDです。
あの世界観を上手く表現している曲で、ホント大好きです!
最終回のてまりうたも好きなんですけど、聴くたびにあのエンディングを思い出して鬱に…いやああああ!
で、今回立ち位置が良くなかったのか、やたらと息の音を拾ってて歌声がちょっとシャリシャリしてますが、次回までには改善させるのでご容赦を…!


では、また次回~。

5/15 定期更新『今後の方針(※検討中)』

ども、昨日歌ってみたの収録をやろうとして、最終的に別の曲&ボイスサンプルを録っていた宮下です。
なぜか昨日はやたらと低い声しか出なかったので、開き直って出しやすい声を録りまくってたわけです。
現時点で少年系のボイスサンプルは1個しかなかったのでちょうどいいかもです。
まあ、まだ音声チェックしていないので、もしかしたら全お蔵入りの可能性はありますが…。


さて、以前から「次回作はどうするか」という話をしておりますが、現在もまだ検討中だったりします。
ただ、「まるごと無料配布!」っていうのはやめようかな、と思っています。
というのも、それだとどれだけの人が聴いてくれているのか掴みにくいですし、最近は「タダだから聴いてます!」みたいなことを言われることもあるんですよねー…。
「いくらド底辺同人サークルといえど、この状況はさすがにいかんだろう」と思い、方針を変えることにしました。
XFDもしくは1曲目だけ視聴可、残りは1曲単位からご購入できるようにする…というのが理想ですが、ちょうどいいシステムがなさそうな場合は別の方法を考えたいと思います。


では、また次回~。

5/8 定期更新『コミティアお疲れ様でした!』

ども、未だコミティアの疲れが取りきれない宮下です。
まあ、宮下さんももう17歳+(自主規制)ヶ月だからなぁ…。


先日のコミティア116お疲れ様でした!
宮下さんもミカド氏のサークルにちゃっかりお邪魔しておりましたw
コラボ作品を色々な方に聴いていただき、またお手に取っていただき、本当にありがたい次第でございます。
せっかくなので、『風と海の記憶』の小話でも書いていきたいと思います。

Track1『Shadow』
この曲は風の制作完了後に「可能であればもう一曲!」と言われて書きました。
当初はダークでゴシックな曲にしようかと思っていたのですが、あまりにも臭すぎたので、今の方向性に軌道修正しました。
「人が抱えている痛みや苦しみ」と「それを越えた先に待っている未来」をイメージして曲を作り、ある程度メロディができたところで歌詞を作りました。
私は基本的に歌詞を先に作るのですが、この曲に関しては珍しくメロディが先に浮かびました。
ただ、2番のBメロの歌詞にある「体の傷も心の痛みも全て私が生きた証」という部分は、ずっと昔に思い浮かびネタ帳に書き綴っていたフレーズで、使おうか非常に迷ったのですが、試しに歌ってみたら思いの外ピッタリはまったので採用となりました。
完成形は綺麗にまとまってる感が強いので、もう少し遊び心を出しても良かったかなと思います。


Track2『Fer tez Widzria(フェル・テ・ウィズリア)』
CDには二曲目に収録されていますが、制作自体はこちらが先です。
「風がテーマの民族調な楽曲」というオーダーをいただいていたので、ひとまず歌詞を作成しました。
当初は全5楽章の構成で、三章と最終章の間に第四楽章がありました。
「雨雲が徐々に消え、雲間から光が差し込む中、旅人は丘を登っていく」という内容だったのですが、これを入れると楽曲が8分を超える上、最終章が空気になってしまったので容赦なくカットしました。
で、一度は5分半くらいにしたのですが、ミカド氏に「ぶつ切り感があるから、もう少し自然な流れにしてくれ」との要望があったため、今の形に落ち着きました。
曲中にたびたび出てくる異国の言葉は全て造語です。
ですので、聴いていただいた方それぞれが「こんなことを言っているのかな?」と自由に想像を膨らませていただければと思います。
あと、タイトルも造語ですが、これだけは「風の都」という意味合いでつけました。
今回は初めて民族楽器を使用してみたのですが、何にでも入れたくなるほど非常に使い勝手が良かったです。
(※ちなみに、次回作でボチボチ使用する予定です)
これはやりたいことをやりたいだけ詰め込んだ楽曲なので、出来には満足しています。
まあ、詰め込んだせいでこんな長い曲になってしまったんですけどねw


では、また次回~!

5/1 定期更新『戦利品一人見せびらかし大会(本当に見せるだけ)』

ども、最近体力のなさを実感する宮下です!
実は先日行われたM3に一般で参加したのですが、30分買い物をしただけで体力の限界が来てしまいまして…。
本当は仲良くしているサークルさんやお世話になってるサークルさんにご挨拶したかったのですが、そこまで行けずに離脱してしまいました(´・ω・`)
しかーし!!
欲しいものは全て無事にゲットできましたー!
fc2blog_20160501190044254.jpg
個々の感想はツイッターでちょいちょい呟いていこうと思います!


で、現在は以前からお伝えしているとおり、養成所に通いながら3rd story CDの制作を行っております。
養成所に通い始めて一ヶ月経ちますが、色々とサボリ気味だったトレーニングの数々を毎日行っているおかげか、声量や発声がだいぶ戻ってきました!
やはり筋肉は使っていないと衰えてしまうものなのですな…(´・ω・`)
この調子でトレーニングを続けて、次回作を出す時には「前作までとは別人やないか!」って言ってもらえるように頑張りたいと思います!w


あ、そうそう。
今日はもう1つお知らせです!
5/5に東京ビッグサイトで行われる"コミティア116"にて、以前からお伝えしていたミヤビミカド氏(@MikadoDice)とのコラボ作品が頒布されます!
場所は"S51b"、サークル名は「Coc→n to Butterfly*」です(※このサークルは宮下のサークルではなく、ミカド氏のサークルですのでお間違えなきよう…)
↓当日はこのジャケットを目指してください↓
Cg5N6cbU8AEaBiN.jpg
※イラストはtakenoko氏(@takenoko_mer)

では、また次回~!

プロフィール

宮下奏子

Author:宮下奏子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

こえ部に歌ってみたを投稿してます。良かったら聴いてください♪

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR