11
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめに

当ブログをご閲覧いただいている方々へ


当ブログの文章および画像は基本的に、私(宮下奏子)が著作権を有しています。
そのため、私の許可なく文章や画像を転載することは犯罪です。
文章および画像を引用する際は、あらかじめ私にご一報ください。

タイトルに「文章(画像)転載の許可をお願い致します」と記入の上、本文に転載する理由・お名前(HN可)・転載するサイト(ブログ)のURLをお願い致します。
公開する予定日も教えてくださるとありがたいです(※こちらは必須ではありません)。

例)タイトル:画像転載の許可をお願い致します
  本文:当ブログにて「○○(作品名)」を紹介したいので画像の転載許可をお願い致します。
     転載するブログのURL→http://~
     ××(HN)

上記の手順をせずに無断で転載した場合、発見次第通報させていただきます。
また、見かけた方はこちらにご連絡いただけるとありがたいです。

連絡先→soukomiyashita@gmail.com
(転載許可、無断転載のご連絡ともにこちらへお願いします)



宮下奏子
スポンサーサイト

11/4 定期更新『エルサ衣装制作日誌 その2(終)』

ども、あっという間に10月が過ぎ、気がつけば11月になってて驚いた宮下です。
この日誌も当日までちゃんと更新するはずだったのに、その1投稿後、完全放置…。
気分もすっかり抜け切ってしまったので、今回完成までをちゃちゃっと紹介しちゃいます。


さて、前回生地を裁断したので、その後はひたすら縫う!!
↓こんな感じで表が内側に来るように前と後ろの生地を合わせ、マチ針で止めてずれないよう縫っていきます。
IMG_6257.jpg


そうやってアレを全部縫っていくと、最終的にこんな感じに仕上がります↓
elsa.jpg

本当はマントに雪の模様とか、インナー(白シャツ)にスパンコールとか付けたかったんですけど、ビスチェ部分のスパンコール付けで時間切れになってしまったので無念な出来に…。
あ、ちなみにビスチェのスパンコールの色が途中から変わってますが、これは当初買った色のスパンコールが一時期品切れになってしまったためです。
もしもう一度このエルサをやるとなれば、恐らくこのマントとビスチェは作り直すと思うのでこれで見納めです。なむなむ。
そうそう。
実はマントも当初はその1で紹介した生地だけで作るつもりでしたが、いざ出来上がった衣装と合わせてみたら、予想外に存在が薄くなってしまったので、薄水色の裏地を重ねてます。
で、ウィッグのセットは姉者にお願いしました。
数時間で終わると思ったら、まさかの一日掛かりで死ぬ思いをした、とのこと…すまぬw
でも、こんな残念な仕上がりでもディズニーキッズ達にはエルサに見えたらしく、当日はいたるところで囲まれましたwww


さてさて、そんなこんなでこの日誌は終了でございます。
ここまでご覧いただきありがとうございます。
今はドールブームが再来しているので、もしかしたらしばらくはドール日誌になるかもしれませんw
音楽どこいったしwwww
では、また次回~!(来週はお休みします)

9/24 定期更新『エルサ衣装制作日誌 その1』

お久しぶりです。宮下です。
最近ちょっと忙しかったので更新が途絶えておりましたが、元気に生存しております。

さて、今年のディズニーハロウィンですが、TDLはもちろんのことTDSも仮装OKなのですね。
しかも、ハロウィン期間中はいつでも仮装して良いと…なんと太っ腹な…!!
というわけで、今年は仮装してTDSに行くことにしました。
撮影目的ではなく、ショーが目当てですが。
というのも以前、新しいショーを見ようと初日に行ったところ、予想以上の大雨でショーどころじゃなくなり…。
ショックのあまり、一日自棄酒しましたよw
で、私は『アナと雪の女王』のエルサをやることにしました。
戴冠式の時の衣装は以前TDLでやったので、今回は雪の女王スタイルで。
ブログのネタがないので まあ、せっかくなので今回その制作日誌をつけてみます。
参考になるか(そもそも参考にする方がいらっしゃるか)わかりませんが、なるたけ丁寧に説明していきます。

というわけで早速材料をご紹介。
まずはスカート部分。
IMG_6215.jpg
サテンの上に水色のラメフィルム生地を重ねる予定です。
この派手すぎない光沢感と、作中の雰囲気に近い縦ライン(って言えばいいのかな)を気に入り即決。

次にマント部分。
IMG_6217.jpg
作中だともっと青みがかった感じなんですけど、他の生地との兼ね合いを見て、こっちの方がバランス良かったので。
七色にキラキラと光る感じが気に入ってます!

次にインナー部分。
IMG_6219.jpg
ご覧のとおり、ストレッチ系の透ける素材を選択。
こちらもマント同様、作中では青みがかっていて且つ目が粗いのですが、バランスや作りやすさを優先してあえて白にしました。
銀のスパンコールで飾りつけをする予定ですが、こちらは変更になるかもです。

次にビスチェ部分。
IMG_6218.jpg
これは本当に悩みました。
ラメ系にするか、サテン系にするか…etc。
で、最終的にメタリック系の生地にラメ系のメッシュ生地を重ね、更にその網目にスパンコールをくっつけるという荒業にしました。
ラメ系の生地はちょっと縫いづらそうだったこと、サテン系だとちょっと地味だったことが理由です。

生地の紹介も済んだところで、レッツメイキング!!
まずは型紙を作っていきます。
大昔に購入したゴスロリ雑誌の型紙+コスプレ雑誌の型紙の合わせ技で進めていきます。
インナー部分↓
IMG_6221.jpg
コスプレ雑誌に載っていたボディタイツの型紙をアレンジしました。

スカート部分↓
IMG_6222.jpg
ゴスロリ雑誌に載っていたマーメイドライン・ワンピースの型紙をアレンジしました。
その雑誌では前が輪断ち、後ろにスリットが入っているデザインだったのですが、今回は逆で作っていきます。

ビスチェ部分↓
IMG_6220.jpg
コスプレ雑誌に載っていたビスチェの型紙をアレンジ。
元は胸の部分が平らだったのですが、原作どおりブラジャーみたいな形になるようにしました。

マントの部分は雪の結晶をイメージして尖がってるんですけど、今回はよほど時間が余らない限り四角いでいこうと思ってます。
ほら、スパンコールを縫い付けるという地獄の作業が待ってるから、さ…(白目)
型紙が出来上がったら、次は裁断!

写真のようにマチ針で型紙を生地にくっつけます。
この部分は輪断ち(切って開くと繋がった一枚になる)にするので、生地を裏面が上になるように半分にしてから留めます。
IMG_6223.jpg

ただ、この型紙はあくまで「完成した時のサイズ」なので、このまま断つと着られなくなってしまいます。
そこで、チャコペンで縫う部分を加味したサイズを描いていきます。
世間一般ではぬいしろって呼ばれてて、雑誌も大抵記載してあります。
書かれていないものは相当特殊なパターンでないかぎり、1cm取れば大丈夫です。
心配ならちょっと余分に取っておきましょう。

こんな感じでざっくり書いていきます。
IMG_6225.jpg
IMG_6226.jpg

書き終わったら裁断!
IMG_6228.jpg

本来ならこれで縫い合わせていきますが、ビスチェはこの生地の上にメッシュ生地を重ねるので、裁断した生地をメッシュ生地の上に乗せてそのまま裁断。
裁断した箇所からラメが落ちまくって大変でした(裁断しないかぎりはラメは落ちないようです)。
IMG_6229.jpg

この調子でスカートも裁断していきます。
IMG_6230.jpg


今日はここでタイムアップでした。
インナー部分の裁断はまた今度。
続くぅ~!

8/26 定期更新『プロのお仕事2』

ども、余裕を持って行動したはずなのに、気がついたら切羽詰まって困った宮下です。
今週は、先週宣言したとおり、8/19の『私の頭の中の消しゴム』の朗読劇の感想を書いていこうと思います。


この日はまず出だしから大変でした。
開場10分前くらいに到着できるように予定を組んでいたのに、行きの電車がまさかの遅延。
乗ってる最中に他の電車でブレーキが故障するというアクシデンがト発生したため、乗車前に対処…ということもできず。
何とか開演10分前に辿りつくことができたのですが、全速力でダッシュしたために汗だくな状態での鑑賞でした。

…と、前フリはここまでにして、内容について。
私は福山潤さんと佐津川愛美さんの回を観たのですが…うーん、私はあやひー回の方が好きだったかな。
というのも、佐津川さんの薫は何だか子供っぽくて、「良いとこ育ちのお嬢さん」という感じがしなかったんですよね。
たしかに薫は可愛らしい言動が多いです。
しかし、それは決して幼いということではなく、感情豊かであるからこそなのです。
だからどうも彼女の役作りは「ちょっと違うのでは…」と思うことが多かったです。
怒るシーンもヒステリーっぽかったし。
それ以外は概ね満足。
2階席だったので、役者さんの表情まで見えなかったのはちょっと残念だけど。


あれ、意外と語ること少なかったぞ?
まあ、いいや。また次回~!

8/19 定期更新『プロのお仕事』

ども、突然暑くなってバテバテな宮下です。
昨日はあんなに涼しかったのになあ…(´・ω・`)
ちょっと早めに秋になってもいいのよ?


さてさて、昨日はツイッターでもちょろっと言ってましたが、『私の頭の中の消しゴム』の朗読劇を見に行ってきました。
私が見たのは、高垣彩陽さん×高崎翔太さん回でした。
いやーさすがプロなだけあってお二人とも上手い!
もうね、感情の入り方が違うのよ。
養成所でも上手い子はいるけど、ここまで鬼気迫るお芝居をできる子はいませんね(まあ、当たり前だが)。
高崎さんは、序盤は緊張のためかたまに噛んでいたのですが、後半はすっかり役に入ってましたね。
途中、本に書いてあるシーン(山での会話とか結婚とか)を動きだけで表現していたり、ただの朗読会ではなく、まさに朗読『劇』でした。
唯一残念だったとすれば、あやひーのマイクが調子悪かったのか、たまにノイズが入っちゃってたことですね。
あとは、役者さんガチ泣き、観客ガチ泣きの中で全く涙腺ゆるまなかった宮下も残念でしたね。
内容を知っているとはいえ、普通ならここは泣けるところなんだろうなーというところで全く泣けない。
宮下が元々全く感動しない人間ならそれはそれで納得できるのですが、零~刺青の聲のラストシーンやアニマス千早の約束熱唱シーンは普通に泣いたので、そういうことにもできず…。

実は今日もこの朗読劇を見に行く予定なので、そこらへんも含みじっくり研究したいと思います。
(ちなみに福山潤さんと佐津川愛美さんの回です)
そして来週か再来週の定期更新は恐らくその内容になると思われます。


ではでは~!

プロフィール

宮下奏子

Author:宮下奏子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

こえ部に歌ってみたを投稿してます。良かったら聴いてください♪

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR